2009年11月05日

見学会(10/2-3)の内容報告

「EVF第11回見学会の報告(岡  昂)
・見学会開催日時  平成21年10月2日(金) 13:00〜16:00
・見学対象      外断熱工法と地下水利用ヒートポンプシステムの
組み合わせなどによる各種環境住宅群
・見学場所       エコタウン信州・茅野  長野県茅野市宮川 
11400−1
              潟^カネヒューマンサポート  
専務取締役 田代 育夫 氏
・参加者数       8名

あいにくの雨模様でしたが、今回は環境対策をふんだんに取り込んだ
街創りを勉強しようということで長野県は茅野市郊外まで出かけて見
ました。



まず、ご案内いただいたのが介護サービス施設 桜ハウス玉川(延べ
床面積232.5坪、定員45名)という冬の寒さが厳しい茅野市でなんと
無暖房の施設でした。ここは一年間の冷暖房費の実績が約9.7万円、
通常の施設と比べて93%減、しかも住宅用次世代省エネU基準に
対して約93%のCO2とのこと、これを聞いて鳩山民主党の掲げる
CO2削減25%なんて出来そうに思える実績に驚きました。



(センタービル 外断熱で窓が奥まって見える。)
エコタウン1
それを踏まえての第2弾がエコタウン信州・茅野の省エネ街づくりだ
そうです。ここは飲食店、事務センタービル、福祉施設、共同住宅、
戸建て住宅7棟で構成される地域です。

ここには省エネ工法・設備として全戸に外断熱工法、地下水利用冷
暖房システム、高効率ヒートポンプ給湯システム、太陽光発電システム、
LED照明、ロジェエアーシステム、ピュアキレイザー、オール電化シス
テム、植栽による自然との共生などが採用されており実際に生活が
始まるとどれくらいの省エネになるかが楽しみです。



(地下水利用空調設備、EVF会員も協力しているもの)

エコタウン3

エコタウン信州・茅野のオープニングは平成21年11月7日だそうです
から蓼科高原にお出かけになる方は覗いて見てください。




(田代さんの熱のこもった説明に感動)
エコタウン2
この街づくりの経験を元に第3弾として10倍の規模のエコタウンを
開発する計画もあるのだそうです。
今回の見学会で熱心に説明していただいた田代専務の街づくりに
かける情熱と数々の障害に立ち向かう姿勢に圧倒されました。
頑張れ田代さん!
なお見学会終了後は温泉に浸かり疲れを癒した後、EVF藤田会員の
別荘にお邪魔して奥様の手料理で夜遅くまで盛り上がりました。
藤田御夫妻に感謝する次第です。
posted by EVF イベント at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33444603

この記事へのトラックバック