2016年07月28日

EVF見学会報告:川崎バイオマス発電株式会社


・見学会開催日時 : 平成28年7月28日(木)  10:00〜12:00
・見学先     : 川崎バイオマス発電株式会社、ジャパンバイオエナジー株式会社
           〒210-0867 川崎市川崎区扇町12−6
・URL      : http://www.kawasaki-biomass.jp/
・参加者数    : 15名

 平成24年6月28日、同年7月18日の2回の見学会に続き、今回第3回目の見学会を実施しました。
 この発電所は化石燃料を使用しない木質燃料(主として建築廃材などのバイオマス燃料)を燃焼させる発電設備で「CO2フリー電気」を供給しています。発電所でバイオマス燃料を燃焼させることでCO2が排出されますが、これは「もともと空気中にあったCO2が植物の成長過程で吸収され、燃焼させることにより再排出されるものであり大気中のCO2を増加させるものではない」というカーボンニュートラルと言う概念に基づくものです。
CIMG4565-2.jpg 発電所建設は2007年にフィージビリティースタディーを開始し、2009年に着工、2011年2月に稼働を開始し、現在約5年が経過したところだそうです。見学中や見学後にご説明頂いた内容は以下の通りです。

1.発電所の稼働状況
・定期検査のために年に2回稼働を停止するが、年間310日程度は稼働している。
・当発電所は固定買い取り制度の対象外だが、東日本大震災で電力不足になり24時間稼働になったため、現在は黒字を確保している。
・電力供給先は発電所を有していない近隣の工場が主である。
・当発電所は15名で運営しているが、担当者はほとんど発電所運転のベテラン経験者。モニターに警報が出た時に、何がどこで起きているかを即座に判断出来る人が必要。素人を雇用して教育していたのでは間に合わない。

CIMG4569-2.jpg2.燃料供給
・隣接しているジャパンバイオエナジー社から50o以下に破砕した木材チップが年間6万トン供給され、近隣のチップ製造会社や食品会社から年間12万トンが供給されている。1日の使用量は600トンで、その内400トンは毎日約40台のトラックが搬入して来る。その他にも解体廃材を搬入するトラックが出入りしている。
CIMG4574-2.jpg・将来木質チップの供給が少なくなる可能性も視野に入れ、コーヒーの搾りかす、大豆油の搾りかすなども試験的に利用している。

3.環境保全
・脱硫装置:一酸化マグネシウムで硫黄分を取り除き、SOx排出量を3ppm以下に削減している
・脱硝装置:燃焼温度は800〜900℃。排ガス中に第一段階のアンモニア噴霧を行ない、触媒直前で第二段階
のアンモニア噴霧を行なう。脱硝前のNOx65ppmを30ppmまで落として大気中に排出する。触媒は3層の金属メッシュでできており、3年に一回触媒を交換する。触媒の交換費用は何千万円もかかり非常に高い。触媒の再生は行なっていない。触媒の目詰まりを防止するために排ガスを逆U字型の管路に通し、ダスト(バグ)を重力で落下させ触媒に届かないようにしている。
・バグフィルター:排気ガス中のバグを除去し排出量を7.4r/N㎥以下にまで削減している。捕集したバグ中の鉄、銅、ステンレスなどの金属は回収し、有価販売している。

4.環境影響評価
・川崎市の環境アセスメントは出力50,000kW以上の建設について課せられるので、当発電所は対象外。

5.排熱利用
・近隣は工場ばかりなので排熱を欲しがるところはなく未利用。北海道の紋別の発電所では植物工場での利用があるが、途中の熱ロスが大きくて新たにボイラーを作った方が安い計算になり、排熱利用はなかなか難しい。

6.不具合事例
・今まで大きな事故は経験してないが、スクリュータイプの燃料搬送機でスクリューと管壁の間に燃料チップが挟まったため燃料供給が止まってしまい、困ったことがあった。

7.その他
・燃料チップの保管場では発酵により自然発火するのが怖い。このため燃料パイル中に温度計を設置して常時温度を監視している。
DSCN4901-2.jpg                                 
最後になりましたが、当日設備の案内や説明をして下さった井上博幸様に厚く御礼申し上げます。
                                   (文責:小栗武治)
posted by EVF イベント at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176476024

この記事へのトラックバック